軽井沢(中軽井沢・星野・塩沢エリア)


軽井沢 星野エリア ご紹介

軽井沢の星野エリアには、日帰り入浴施設「トンボの湯」、レストラン「村民食堂」、商業施設「ハルニレテラス」、ホテル「ブレストンコート」、旅館「星のや 軽井沢」等があります。軽井沢駅南口から星野エリアまで無料シャトルバスが出ています。渋滞がないときには約20分です。また、しなの鉄道の中軽井沢駅から徒歩で約17分です。 ⇒詳細はこちら

軽井沢 星野エリア ハルニレテラス

ハルニレテラスは、100本以上のハルニレ(春楡)の樹が自生している湯川に沿って広いウッドデッキをつないでテラスにしたところにレストランやカフェ、雑貨店などの店舗を配置しています。 ⇒詳細はこちら

軽井沢 星野エリア 村民食堂

村民食堂はカジュアルダイニングです。信州の新鮮素材を使った料理で、昼は定食メニューで、夜はアラカルトになります。昼は長蛇の列になります。夏期以外は昼食時間を少しずらすと待ち時間が少なくなりますが、夏期は一日中混んでいます。お勧めプランは、トンボの湯に2回入り、あいだの時間に村民食堂で食事をします。 ⇒詳細はこちら

軽井沢 星野エリア トンボの湯

トンボの湯は、年中無休で、軽井沢星野エリアにある日帰り温泉です。露天風呂、内湯ともに全て源泉かけ流しです。当日4時間以内であれば、再入場できます。利用料金は大人1,300円、子供750円(3才〜小学生)になります。 ⇒詳細はこちら

軽井沢 星野エリア ピッキオ

ピッキオは軽井沢の自然を守り伝える「森のいきもの案内人」。ツキノワグマの保護管理や自然の調査を行い生き物の営みをの不思議を解き明かす自然体験ツアーを開催しています。 ⇒詳細はこちら

軽井沢 野鳥の森

軽井沢野鳥の森は、クリやカラマツなどが茂る約100haの敷地では年間約80種類の野鳥の他、ツキノワグマやニホンカモシカ、四季折々の草花など、多くの野生動植物が息づいています。 ⇒詳細はこちら

軽井沢高原教会

軽井沢高原教会は、1921(大正10)年に材木小屋で始まった芸術自由教育講習会を原点に誕生しました。芸術自由教育講習会は、感じたことを感じたままに表現し、自由に討論できる空間でした。この空間をこよなく愛した内村鑑三は「星野遊学堂」と名づけ、思想・宗教にとらわれず心から交流し合える布教の場にしていきました。 ⇒詳細はこちら

石の教会(内村鑑三記念堂)

軽井沢石の教会(内村鑑三記念堂)は、キリスト教伝道者内村鑑三の顕彰を目的として建てられた教会で、地上は礼拝堂、地下には内村鑑三記念堂となっています。 ⇒詳細はこちら

ホテルブレストンコート

軽井沢ホテルブレストンコートは、豊かな森にたたずみ、この場所・この瞬間でしか味わえない料理やスイーツでお迎えする美食のホテルです。
〒389-0195 長野県軽井沢町星野
電話 0267-46-6200
⇒詳細はこちら


©2004-2017 軽井沢ファンクラブ プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ